FC2ブログ
「不毛地帯」唐沢主演で連ドラ化・エンタメニュースから「今日の井戸端会議のコネタ」ご紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不毛地帯」唐沢主演で連ドラ化


「不毛地帯」は未読ですが、映画化される「沈まぬ太陽」にも登場した龍崎一清のモデルとされる実在の方が主人公となっているお話ですよね。「沈まぬ太陽」でもちょっとだけ語られていた戦争体験には興味を持っていました。「白い巨塔」以上の期待できそうです。

山崎豊子さん原作の「不毛地帯」がフジテレビ開局50周年記念として連続ドラマ化される。主演は唐沢寿明(45)で、木曜午後10時枠で10月にスタートする。通常の3カ月ではなく、6カ月間の放送を予定。共演も和久井映見(38)、天海祐希(41)、柳葉敏郎(48)らで、ゴールデンタイム(午後7~10時)の連続ドラマ主演経験者が計7人という豪華な顔触れとなる。

唐沢は、同局の開局45周年記念ドラマとして03年10月から翌04年3月まで放送され、原作が同じ山崎さんの「白い巨塔」でも主演。同作は全21話で平均23・9%(関東地区、ビデオリサーチ)の高視聴率を記録し話題となった。今回も超大作の主演にプレッシャーを感じているようで「きちんと取材され完ぺきな読み応えのある作品ですし、当時を知っている方だとダイレクトにいろいろなことを思い浮かべる作品なので、前作と同様に緊張します」とコメント。一方で「主人公は、冷静で淡々と的確に物事を進めていく有能なイメージ。感情を表に出さず演じなければならないので難しいと思いますが、白い巨塔を超えられるくらいのいいドラマを作るために精いっぱいやりたい」と意気込んでいる。

引用:スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000045-spn-ent

スポンサーサイト
Copyright © 話のコネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。