FC2ブログ
「人間失格」生田斗真で初の映画化・エンタメニュースから「今日の井戸端会議のコネタ」ご紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間失格」生田斗真で初の映画化


生誕100年ですか。太宰作品は秋原正俊監督、佐藤江梨子主演の『斜陽』、根岸吉太郎監督、松たか子、浅野忠信主演の『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』、冨永昌敬監督、染谷将太、川上未映子主演の『パンドラの匣』・・・と映画化ラッシュ。「人間失格」の映画化は本命、と言えるのでしょうか?

俳優、生田斗真(24)が来春公開予定の映画「人間失格」(荒戸源次郎監督)に主演することが12日、分かった。昭和を代表する作家、太宰治の生誕100年を記念して代表作の初めての映画化が決定。映画初出演にして太宰ワールドに挑む生田は「太宰治の世界、人間失格の世界に染まりたい」。文芸大作で新境地を築く。

太宰が自殺した1948年に発表され、太宰作品でも最高傑作と称される「人間失格」。出版累計1000万部の青春文学の名作だが、映画化もドラマ化もされてこなかった。生田は「とても名誉に感じています」と意気込んでいる。  都会的でさわやかなイケメンの印象が強いが、酒や女に溺れていく主人公・大庭葉蔵役は“新境地”の役柄。女性と心中未遂を繰り返した太宰の実生活を投影した自叙伝的作品と位置づけられており、「太宰=葉蔵=生田」といえそう。  生田も「人とは違う感性を持ち、退廃的な生活を送り最後には廃人同然となってしまう主人公を繊細に丁寧に破滅的に演じたい」と意欲満々。同作の井上文雄プロデューサーは「端正な容姿と品格、ナイーブさを持ち備えた主人公のイメージを意識してのキャスティング」と話す。

太宰治の自伝でもあり遺書でもあるとされる「人間失格」。若い頃にはみんなが読んだものだけれど、こんなくらい話は、若くても理解できないし、現代社会にも理解できないものでは?荒戸源次郎監督がどんな映画にするのかは楽しみですが。

引用:サンケイスポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000032-sanspo-ent

スポンサーサイト
Copyright © 話のコネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。