FC2ブログ
広末涼子主演 「ゼロの焦点」映画化・エンタメニュースから「今日の井戸端会議のコネタ」ご紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広末涼子主演 「ゼロの焦点」映画化


「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたし、女優として成長して(離婚も経験して)ますよね。犬童一心監督が描く松本清張の世界、楽しみです。松本清張の生誕100周年になるんですね。それにしても戦後って遠くなっちゃったな~。

広末涼子(28)が作家松本清張氏の代表作の映画化「ゼロの焦点」(犬童一心監督)に主演することが8日、分かった。失踪(しっそう)した夫の謎を追いかけるうちに新たな事件に巻き込まれていく主人公を演じる。昭和30年代の北陸を舞台に戦後の混乱が招いた悲劇を描く社会派ミステリー。デビュー15周年を迎えた広末は骨太な人間ドラマに真正面から挑むつもりだ。東宝配給で今秋公開。

広末が難役に挑む。59年発表の「ゼロの焦点」は、「点と線」「砂の器」と並ぶ清張氏の傑作といわれる。謎を追いかけるヒロインが、社会の不条理や人生の複雑さを知り成長する姿も描かれ、推理小説の枠を超えた人間ドラマと絶賛された。女性の悲劇を女性の視点から描くヒロインミステリーの元祖ともいわれる。映画では揺れ動くヒロインの心理描写も見どころ。犬童監督が配役イメージとしてハリウッド屈指の演技派メリル・ストリープ(59)を挙げるほどの難役だ。  事件のカギを握る女性2人を中谷美紀(33)木村多江(37)が演じる。中谷は「時代に翻弄(ほんろう)された女性の情念を演じることを楽しみたい」。木村は「松本清張さんの世界観を大切にひたむきに演じたい」と話している。  「ゼロの焦点」の映画化は、野村芳太郎監督が久我美子を起用した61年の作品以来48年ぶり。清張氏生誕100年を迎えた今年、映画化が実現。撮影はすでに開始しており、北陸地方を中心に各地でロケを行う。

引用:日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090209-00000007-nks-movi

スポンサーサイト
Copyright © 話のコネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。