FC2ブログ
名作「肉体の門」初TVドラマ化・エンタメニュースから「今日の井戸端会議のコネタ」ご紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名作「肉体の門」初TVドラマ化


現代の混沌とした社会は、戦後の混乱の時代と対極の位置にあるものなのかもしれない。「肉体の門」といえば、『日活』とイメージしてしまうんですけど・・・。「肉体の開放こそ人間の解放である」というテーマで描かれた女性たちのドラマです。肉体の門

女優の観月ありさ(31)が、テレ朝系ドラマスペシャル「肉体の門」(12月放送予定)に主演することが11日、分かった。16・3%の高視聴率を記録した昨年の「吉原炎上」に続くスペシャル第2弾。敗戦直後の日本を生き抜いた娼婦(しょうふ)を演じる。役作りに試行錯誤しながらも「幼い時に祖父や祖母から聞いた話が、すごく印象に残っていた。(娼婦たちの)凛(りん)とした、意志の強さを大切にした」。先人たちの思いを胸に同作に挑む。

観月が“夜の女”を熱演する。原作は田村泰次郎のベストセラー小説。敗戦直後の混乱した東京で、たくましく生き抜こうとする娼婦の物語。過去にはマキノ雅弘監督、鈴木清順監督、五社英雄監督らによって映画化されたが、今回初めてテレビドラマ化される。「肉体の開放こそ人間の解放である」という小説のテーマを踏まえ、「強く生きる女たちの人間ドラマ」と「戦争の持つ悲惨さ」に焦点を当てて描いていく。  観月は「ただで男と寝ない」「アメリカ占領軍の兵士と寝ない」という掟(おきて)を守りながら生活する街娼の浅田せん役。「当時を体験された方が生きていらっしゃる中で、それをリアルに演じられるか不安だった」というが、試行錯誤の中で「幼い時に祖父や祖母から聞いた話が、すごく印象に残っていた。(娼婦たちの)凛とした、意志の強さを大切にした」と思いを語る。

引用:スポーツ報知

スポンサーサイト
Copyright © 話のコネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。