FC2ブログ
緒形さんの遺作「風のガーデン」・エンタメニュースから「今日の井戸端会議のコネタ」ご紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緒形さんの遺作「風のガーデン」


訃報を聞いたときには「風のガーデン」はどうなっちゃうの?とまず思ってしまいました。最後に画面に登場した時は完成した後の記者会見だったのですね。終末医療に取り組む老医師役を演じる緒形さん。コレが最後だと思うと、大事を見ただけでも泣きそうになってしまいます。「25%」という数字は堅いんじゃないでしょうか?

5日に急死した俳優緒形拳さんは亡くなる5日前の9月30日に遺作となったフジテレビ系の連続ドラマ「風のガーデン」(9日スタート、木曜午後10時)の制作発表に主演の中井貴一(47)らと出席していた。緒形さんは末期がんに侵され、死と向かい合う中井の父親役で、富良野の老人たちの死をみとる医師役だった。発表会見では「いや応なく人は老いていく。いや応なく死が訪れる」と自身の死を暗示するようなコメントを残していた。

     

葬儀に参列した脚本の倉本聡氏(73)は「40年来の付き合い。本当にいい芝居をしてくれた。あの『人たらし』の笑顔にやられっぱなしだった」。中井は文書で「打ち上げで『貴一、また会えたらな』とおっしゃってたので『必ずお会いしましょう』と申し上げた。まだまだご健在のような気がしてなりません」とコメントした。

「火宅の人」「復讐するは我にあり」「鬼畜」・・・。映画を見て原作もセットで読むようになったのはこのあたりの作品を観てから。多分10代の終わり頃かな?「ポケベルが鳴らなくて」はもう見られないのかしら?追悼再放送を期待してますが・・・。自分にとっても思い出深い役者さんです。ご冥福をお祈りいたします。

引用:日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000008-nks-ent

スポンサーサイト
Copyright © 話のコネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。