FC2ブログ
映画「ブタがいた教室」・エンタメニュースから「今日の井戸端会議のコネタ」ご紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ブタがいた教室」


「ブタがいた教室」は、“ベルマーク付き鑑賞券”が発売されるそうです。小学校を舞台にした実話を元にした映画。教育的な意味合いを持つ映画ってコトなのかしら?と思っていましたが。

俳優の妻夫木聡さん(27)主演の映画「ブタがいた教室」(前田哲監督)の完成披露試写会が4日、東京都内で行われた。妻夫木さんは子ブタや共演した子供たちとともに登壇。教師役への初挑戦について「一教師として子供たちに何が残せるかと考え、自分なりの教育論をノートにまとめた」とすっかり役にのめり込んだようで、「教師になりきるあまりに、役者を忘れてしまう瞬間もあった」と明かした。

作品は大阪市内の小学校で実際にあった物語が原案。新米教師の星先生(妻夫木さん)が、担任する6年2組の子供たちと一緒に、「大きくなったら食べよう」と卒業までの1年間ブタを育てるが、毎日世話をするうちに愛情が育ち……というストーリー。93年にはテレビドキュメンタリーになり、賛否両論を巻き起こしている。

来月開催される第21回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されることも発表されました。11月1日公開です。

引用:毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080905-00000005-maiall-ent

スポンサーサイト
Copyright © 話のコネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。