FC2ブログ
仮面ライダー瀬戸康史がヒロに・エンタメニュースから「今日の井戸端会議のコネタ」ご紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー瀬戸康史がヒロに


26日の最終回では平均視聴率が番組最高の19.5%だった「ROOKIES」。映画『ROOKIES~FINAL~』(仮題)は来春公開予定、2時間のスペシャル番組は今秋放送されることも明らかになりました。そしてそのあとにはじまる「恋空」ですが、「仮面ライダーキバ」の瀬戸康史くんの主演なんですね・・・。

若手俳優集団D-BOYSの瀬戸康史(20)が1月から主演を務めるテレビ朝日系「仮面ライダーキバ」(日曜午前8時)に加えて、2日スタートのTBS系ドラマ「恋空」(土曜午後7時56分)でも主演する。特撮ドラマの主人公が、同時期にゴールデンタイムの連続ドラマでも主演をするのは史上初。正義のヒーローから高校生役に変身する。

美嘉役、ヒロ役のオーディションは、3月から約3カ月間にわたって実施されました。書類審査には一般人も含め1000人以上の応募があったとか。選考の結果、美嘉役を射止めた水沢エレナちゃんは「セブンティーン」の人気モデル、同世代の女の子から圧倒的な支持を集めているんだそうです。ヒロ役のオーディションは難航。結局、候補者以外から抜擢されたそうです。

仮面ライダーの歴史で、最もナイーブで弱気な設定のキバ(紅渡)と、活発な高校生で控えめなヒロインをぐいぐい引っ張る「恋空」のヒロ役を、演じ分けている。「真逆の役柄だし、性格もすぐに切り替えるタイプなので、問題なしです。金髪になったらヒロに、ベルトを巻いたら渡に、です。だって“変身”は得意ですから」と、ライダーおなじみのキーワードを繰り返した。  「恋空」は、先週26日に瞬間最高視聴率25・4%(平均19・5%)を記録した「ROOKIES」の後番組。昨年末の映画版は興収39億円の大ヒットだけに重圧のかかるところだが「同じD-BOYSの城田優君と五十嵐隼士君のROOKIESを超えられるようにしたい。映画版より内容が深くなってるので、ぜひ見てほしいです」。新星の笑顔は頼もしく輝いた。

引用:日刊スポーツ

スポンサーサイト
Copyright © 話のコネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。